女性

あらわれる症状

カウンセリング

子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍のことを指します。この子宮筋腫を発症したらどのような症状がでるのか、またどのような対処をすればいいのかを事前に知っておきましょう。

» 詳しくはこちら

検査方法を知ろう

医者

子宮筋腫を早期に発見するためには、定期的な検診や診断を受けることが大事です。その検診方法や費用はどれぐらいかかるのかを事前に知っておき、検診の計画を建てましょう。

» 詳しくはこちら

女性の悩みを治療する

不安になる前にチェックしておきましょう。子宮筋腫の疑いがあるならこちらの詳しい情報サイトで効果的なサプリを見つけましょう。

妊娠しづらい体質の時はなかなか妊娠に至ることができません。妊活マカは身体のバランスを整えるので女性からの人気が高いです。

子宮全摘以外の方法とは

悩み

子宮筋腫で悩んでいる女性の方、意外と多いのではないでしょうか。子宮筋腫そのものは良性腫瘍なのですが、この筋腫があることで、生理の期間を過ぎてもだらだら出血が続いて貧血状態になったり、筋腫が大きくなって服が入らなくなったりしますし、貧血が続くと生活にも支障をきたすようになります。 治療といえば、まず手術があります。しかし、まだ若くてこれから妊娠や出産の予定がある場合、子宮を全部摘出することに、ためらいを感じる人も少なくはないと思われます。そのような場合は、子宮を残す手術方法を選ぶといいでしょう。また、ホルモン治療で病状が改善されるということもあるので、これらの治療方法をうまく利用していけば、手術をせずに治せることもあります。

内視鏡手術とホルモン治療

まず子宮筋腫の数が少ない場合、子宮そのものがさほど大きくなっていない場合は、部分的に子宮筋腫を取り除くことで改善されることがあります。これは開腹をせず、内視鏡による手術になります。これですと子宮を残せますので、今後赤ちゃんを産むことも可能です。また、手術の時間や入院日数も短くて済みます。 それからホルモン療法があります。これはリュープリン治療と呼ばれるもので、ほぼ月に1度の割合で注射を行うものです。個人差もありますが、人によってはこれで大分出血が納まることもあります。ただ副作用として、更年期障害や眠気、肥満などが現れやすいので、続けて6回までと決められています。また筋腫が大きい、出血量が半端でないという場合は、やはり全摘手術が一番のお勧めです。

妊婦はお腹の中にいる子どもの分までしっかり栄養を摂取する必要があります。アクティブライフを食べれば、必要な栄養を摂ることが出来ます。

子どもを持つことを諦めてはいけません。不妊治療は大阪で受けることができます。多くの実績を持っているクリニックがここにあります。

治療法について

医者

子宮筋腫は基本的に良性の腫瘍ですが、場合によっては不妊の原因になっていたり、さまざまな自覚症状があらわれる病気です。そうなった場合には薬物療法や外科療法などの治療が必要です。

» 詳しくはこちら